TOPページへ

症状の改善・緩和・軽減

HappyEnergyハッピーエネルギー)は、
安心安全な暮らしのための健康・医療・医学の総合情報サイトです。


このページは、症状の改善・緩和・軽減のカテゴリページです。






RSSアンテナ

カテゴリ:症状の改善・緩和・軽減

四十肩や五十肩の痛みを和らげるのに効果がある方法まとめ

四十肩五十肩痛みを和らげたり、軽減したり、四十肩や五十肩の症状を改善するのに効果があると思われる方法をまとめてみました。


【四十肩、五十肩とは? その違いは?】

四十肩や五十肩は、肩の関節の周辺が痛くなる症状の病気です。症状としては、強度の肩こりです。四十肩と五十肩は呼び名は違えど、四十肩と五十肩は、どちらも同じ病気です。四十肩と五十肩には、正式名称があります。四十肩と五十肩の正式名称は、「肩関節周囲炎」です。お気づきの方も多いと思われますが、年齢がだいたい40代でこの「肩関節周囲炎」にかかると、「四十肩」と呼び、年齢がだいたい50代でこの「肩関節周囲炎」にかかると、「五十肩」と呼んでいます。


【四十肩や五十肩の原因は?】

四十肩や五十肩の症状が現れる原因は詳しくは解明されていません。ただ、ほとんどが、運動不足や老化などで、肩関節周囲に無理な負担をかけたことが原因と考えられています。その他に考えられることとしては、筋肉疲労やストレス、血行障害、眼精疲労、などです。ある日突然、四十肩や五十肩の症状が現れた場合は、しばらく安静にしておくと、じきに治る場合がほとんです。しかし、四十肩や五十肩の症状が現れているのに、無理に肩関節周囲を動かしたりすると、慢性の四十肩や五十肩になってしまうことがあります。


【四十肩や五十肩の痛みを和らげるのに効果がある方法】

四十肩や五十肩の痛みを和らげるのに効果がある方法には以下のものがあります。基本は、筋肉の休息と血行を良くすることですね。ただ、効果については個人差があるので、自分に合いそうなものを見つけましょう。


お風呂にゆっくりと浸かる

お風呂にゆっくり(だいたい20分~30分程度)と浸かることで、筋肉もほぐれ、血行も良くなります。お風呂には、ストレス解消効果もあります。湯の温度は、ぬるめ(38度くらい)が良いでしょう。あまり熱い湯の温度ですと、ゆっくり浸かることができません。ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることで、身体の芯までポカポカになります。


肩周辺のマッサージ

肩周辺のマッサージも効果があります。お風呂に入浴中やお風呂あがりに、自分で肩周辺をモミモミとマッサージしましょう。マッサージを行うことで、血行を良くし、筋肉の緊張をほぐします。マッサージは、自分が気持ちが良いと思う強さで行うことが大事です。あまり強くやると逆効果です。


肩のストレッチ

肩のストレッチは効果的です。ストレッチ行為で肩を痛めてしまわないために、ゆっくりと行いましょう。ストレッチの種類としては、タオルの両端を持って、自分が心地良いと感じる範囲で動かすストレッチなどがあります。


十分な睡眠をとる

睡眠中は、起きている状態とは異なり、筋肉の緊張がとけます。身体の筋肉を休めるためにも、睡眠時間はきちんと確保しましょう。


適度な運動

適度な運動は効果があります。普段から運動をしていないと、筋肉が固くなってしまい、血行も悪くなってしまいます。


低周波治療器を利用する

低周波治療器などが市販されていますので、こちらの利用も効果があります。値段もそれほど高くはありません。


シップ(貼るタイプや塗るタイプなどあり)を利用する

市販で売っているシップも効果があります。シップには、貼るタイプや塗るタイプ(塗り薬タイプ)のものがあります。




【口コミで四十肩の治療や五十肩の治療で名医がいると評判の病院】

四十肩や五十肩の痛みがいつまでも取れない場合、一度、病院で診てもらうのが良いかも知れません。四十肩や五十肩の痛みの原因が、他の病気が原因で起きている場合もあります。例えば、糖尿病や胃腸の病気、高血圧、低血圧、貧血などがそれです。ですので、四十肩や五十肩の痛みが続くようであれば、一度、病院で診てもらうことは大事です。以下、口コミで四十肩の治療や五十肩の治療で名医がいると評判の病院を紹介しておきます。もし、通える範囲ならば、評判の良い病院で診てもらうのが良さそうですよね。





 

カテゴリ:症状の改善・緩和・軽減 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) HappyEnergy All Rights Reserved.