トップ画像

HappyEnergy

HappyEnergyハッピーエネルギー)は、
安心安全な暮らしのための健康・医療・医学の総合情報サイトです。







RSSアンテナ


新着記事

生アーモンドの食べ方と生アーモンドの毒について知っておきたいこと

癌の予防に絶大な効果があると話題になりつつある生アーモンドですが、 生アーモンドの食べ方生アーモンドの成分、そして、市販されている 生アーモンドには強い毒があると誤解されている人達向けに、 生アーモンドの毒性などについてまとめてみました。このページが、 これから生アーモンドを食べようと思っている方や生アーモンドについて 詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。


【生アーモンドとは?】

生アーモンドとは、アーモンドをロースト(加熱処理)していない状態のものです。 お店で市販されているほとんどのアーモンドは、ロースト(加熱処理)されているため、 生アーモンドに含まれているいくつかの栄養素が加熱処理によって、 失われています。また、ローストした後に、食べやすいように塩味などが つけられていることもあるため、塩分も気になります。 アーモンドを生のままで食べるということは、アーモンドに含まれている 全ての栄養素を身体に摂取でき、また、味付けとして塩味がつけられている のとは違い、塩分の摂りすぎにもならないので、生アーモンドをそのまま食べるのは、 おすすめの食べ方と言えます。


【生アーモンドの食べ方】

生アーモンドの食べ方は、大まかに分けると2種類です。

  • そのまま食べる
  • 水に数時間浸してから食べる

生アーモンドは、癌の予防に効果があるとのことで、管理人の私は生アーモンドを 毎日食べています。私の場合、一日に食べてる数は、30~50粒ぐらいですね。 生アーモンドは、普通に生のまま食べても大丈夫です。生アーモンドの味は、 その辺のお店で気軽に買えるローストされた(炒った)状態のアーモンドが、 ちょっと湿気たような感じになった味です。味で言えば、やはり、カリッとした 食感や香ばしさがあるローストされた状態のアーモンドの方が美味しいです。 しかし、生アーモンドの味もそれなりに美味しいです。


あと、生のまま、そのまま食べるのではなく、水に数時間~12時間以上浸けてから 食べる生アーモンドの食べ方もあります。水につける理由は、消化しにくい 生アーモンドの皮をはがしやすいということと、生アーモンドの酵素抑制物質 (酵素抑制因子)を取り除くためだそうです。ナッツ類は、酵素抑制物質(酵素抑制因子)の 働きにより、通常は発芽しませんが、水に浸けることで、酵素抑制物質(酵素抑制因子)の 働きが切れ、発芽をするための呼吸が始まります。発芽をするために活動が始まるため、 生アーモンドの栄養価が高まり、同時に生アーモンドの酵素も摂取できるるという訳です。 生アーモンドの皮については、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種 (フラボノイド類)が含まれていますので、剥がさないで食べる方が良いでしょう。 たぶん、癌の予防効果の高い生アーモンドの癌抑制成分は皮の方にも含まれていると思われますので。 水に浸けている時間の長さについては、管理人の私がいろいろと試してみました。 水に浸けている時間が1時間過ぎるごとに生アーモンドを食べたときの食感を 確認してみましたが、水に浸けて4、5時間以降の生アーモンドは、 ほとんど食べたときの食感に変化はありませんでした。個人的な感想ですが、 水に浸けた生アーモンドは、味気のない豆を食べているような感じで、 サラダなどに合うと思います。実際、生野菜サラダに合わせて食べてみたら、 結構美味しかったです。よく、生野菜サラダにゆでた豆とか入っていますよね。 あれと同じ感じです。一応、加熱した料理に使ってしまうと生アーモンドの 栄養価が失われますので、加熱した料理には使わない方がいいでしょう。 やっぱり、生野菜サラダのような温度の低い食材と一緒に食べるのが、 加熱による栄養価の損失がないので、無難なのかも知れません。


ちなみに、水に浸けると、生アーモンドは沈みますが、時間が経つと何個か水分を 十分に吸収し、水に浮いていました。皮が水に浸かったことで透けて、 なんか生き物のような神秘的な感じがしました。管理人の私は、 水に浸けて食べる食べ方とそのままポリポリと食べる食べ方を混ぜながら食べています。 水に浸すのが面倒なときは、そのままポリポリと食べ、時間に余裕があるときは、 水に浸けて食べてますね。単純に同じ食べ方だと飽きてしまいますしね。


【生アーモンドが普通のお店にはなかなか売っていない理由】

普通のお店では、生アーモンドを売っているところが少なく、通販(通信販売)でないと、 なかなか手に入れることはできません。これは、生アーモンドの味が、 ちょっと湿気たような味なので、普通にお店で買えてしまうと、 「このアーモンド、湿気てる!」と購入されたお客さんに勘違いされてしまうことが お店で売らない、お店で売っていない原因のようです。確かに、生アーモンドと 知らずに食べると、「このアーモンド、湿気てる!」と思っちゃいますね。




【私がよく買っている生アーモンドの通販サイト】

生アーモンドは、通販(通信販売)でないとなかなか手に入らないのですが、 私がインターネットの通販でよく買っている生アーモンドはこれです。 量が多くて品質も良く、値段も安いし、注文するとすぐに届くので便利です。


値段が安くて高品質の生アーモンドが買える通販サイト
下の生アーモンドの商品画像をクリックすると、
生アーモンドが買える通販サイトへ移動します。

カリフォルニア産 アーモンド 無塩・無油 1kg
カリフォルニア産 アーモンド 無塩・無油 1kg

【商品レビュー(購入してみた感想)】
商品名に「生」と入っていないので分かりにくいですが、 これはローストされたアーモンドの方ではなく、生アーモンドの方です。 がん予防に効果があるのは、生アーモンドの方ですから、 このページを見ているみなさんは、生アーモンドの方を買いたいですよね。 実際、この商品は、私がいつも注文していますし、 届くのはちゃんと生アーモンドの方なので安心してください。 あと、1kgって結構な量があります。値段も安いし、 品質も良いので、私としては、ここの生アーモンドは、おすすめですね。


値段は高いがオーガニック栽培の生アーモンドが買える通販サイト
下の生アーモンドの商品画像をクリックすると、
生アーモンドが買える通販サイトへ移動します。
アーモンド(生) (1kg)
アーモンド(生) (1kg)

【商品レビュー(購入してみた感想)】
こちらの商品は、農薬や化学肥料を使わずに栽培された生アーモンドです。 100%有機栽培(オーガニック栽培)され、塩分や添加物などは一切使用していない 生アーモンドです。ちゃんと有機JAS認定されていますので、安心安全の商品です。 管理人の私は、がん予防のために生アーモンドをずっと食べ続けるつもりです。 こちらの商品の方が無農薬栽培で身体にいっそう良さそうなので、 正直、お金に余裕があれば、こちらの商品の方を買い続けたいのですが、 ちょっとお値段が高いのが辛いところです。(汗)

【身体に良い成分ばかり! 生アーモンドの成分】

生アーモンドには、身体に良い成分ばかりです! 若返りビタミンとして有名な ビダミンEが豊富で、アーモンドの皮には、抗酸化作用のあるポリフェノールの 一種(フラボノイド類)が含まれています。また、生アーモンドには、 食物繊維が豊富です。管理人の私は生アーモンドを毎日食べてるので、実感していますが、 お通じが良くなります。便秘に悩んでいる方にも良い食品かと。あと、生アーモンドには、 鉄分、カリウム、亜鉛、リン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル成分や、 悪玉コレステロールを抑制する効果のあるオレイン酸なども豊富に含まれています。


生アーモンドの成分
成分名100gあたり
カロリー606kcal
たんぱく質19.20g
ビタミンE29.60mg
リン480mg
マグネシウム270mg
亜鉛4.40mg
カルシウム210mg
食物繊維11.90g
※ 参考データは、「日本食品標準成分表」です。

【生アーモンドの毒(毒性)について】

生アーモンドの品種を大まかに分けると、2種類になります。 それは、スイート種ビター種の2種類です。

  • スイート種
  • ビター種

スイート種は、スイートと名のつく通り、甘味があるので、「甘扁桃」、 ビター種は、ビターと名のつく通り、苦味があるので、「苦扁桃」とも呼ばれています。 食用とされるのは、スイート種の方です。ビター種は、毒性が強いため、 一般では、まず入手できません。(アメリカの一部の州では販売も禁止されています。) ビター種の毒性は強いため、市販のアーモンドに毒があり、食べ過ぎると危険と 勘違いをされる方が多いのですが、そもそも一般人は入手できないのですから、 心配する必要はありません。日本で、こんにゃくゼリーを喉に詰まらせて 死亡してしまったというニュースは何度か聞けども、アーモンドを食べ過ぎて 死亡したニュースなどは、一度も聞いたことありません。ちなみに管理人の私は、 スイート種のアーモンドを1日に100粒以上食べたこともありますが、 別に体調が悪くなったり、身体に異変があったりは一切ありませんでした。 まぁ、どの位の量を食べると身体に影響が出るかどうかは個人差があると思いますが、 市販されている生アーモンドはある程度の量を食べ過ぎても大丈夫だと言えます。


【生アーモンドの香り】

アーモンドには、「ベンズアルデヒド」という天然の香りの成分が含まれているため、 アーモンド特有の香りがします。


【アーモンドのカビに注意!】

生アーモンドの成分や効果は素晴らしいものがありますが、 生ナッツ類に生えるアフラトキシンというカビ毒の一種には注意してください。 いくら生アーモンドが癌の予防に効果があると言っても、 アフラトキシンは発がん性の非常に高いカビ毒です。生アーモンドを購入したら、 カビが生えないように保存し、早めに食べるのが良いでしょう。






サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) HappyEnergy All Rights Reserved.